PimEyesについて

PimEyesは指定の顔が写っている写真をインターネット上で検索するオンライン顔検索エンジンです。

About PimEyes

PIMEYESのマニュフェスト

情報技術の発達により個人情報保護に関する課題が多発し、何千人もの人々が身分証盗難、リベンジポルノ、ストーカーなどの被害に遭っています。このような犯罪を行う人々は、我々のプライベートを侵害する高度なツールや特殊なスキルを身につけています。弊社は誰もがインターネット上で自分を発見し、プライバシーや写真を保護する権利があると考えています。最新のテクノロジー、人工知能、機械学習を用いて、ユーザーの皆様がインターネット上で自分の写真を見つけ、詐欺師や身分証泥棒、画像の違法使用から身を守れるようにサポートします。そのために私たちはPimEyesを作りました。このツールはインターネット上の自分を探し出し、写真の所有権を取り戻し、自分のオンラインプレゼンスの監視を可能にする多目的ツールです。

私たちは、顔認識技術を誰でも使えるようにすることが必要だと考えています。企業や政府だけのものであってはならないのです。弊社は何千人もの人々が違法に使用された写真を見つけ、ユーザーの皆様のサポートを行えたことに誇りを感じています。

PIMEYESについて

PimEyesはユーザーから投稿された写真をもとに、ウェブサイトを探すオンライン検索エンジンです。PimEyesは人を探すのではなく、写真が掲載されているウェブサイトを探します。また、PimEyesは人種、性別、年齢、その他個人を特定するために必要な特徴に基づいて画像にラベルを付けることはありません。検索エンジンの目的は個人情報の収集ではなく、インターネット上に公開されているURLアドレスの情報を収集するものです。

PimEyes は開かれたインターネットを検索し、ユーザーや所有者の制限を受けずに、誰もがそれを見る権利を持つ公開情報を収集しています。データベース自体はコード化されたインデックスで構成され、各コードには特徴があります。このインデックスは同様のインデックスを持つ写真素材が公開されているウェブサイトに繋がっているため、言わばPimEyesのデータベースはパズルで、ユーザーから提供される写真はパズルの鍵となります。

データベースは技術的に、PimEyesの独自AIによってのみ解ける構造になっています。万が一、データベース全体が流出した場合でも、1枚の画像から復元することは技術的にも理論的にも不可能です。

PimEyesのデータベースは、データベース内の画像を復元するように設計されていません。写真が投稿されると、AIが写真からインデックスを算出し、類似度の高い組み合わせが含まれているURLアドレスをデータベースから提供します。そのため、ユーザーにはデータベースからデータを提供しますが、画像は外部ソースから表示され、PimEyesは各サイトで使用・公開されている写真を保有しません。

傷つけない

弊社は「傷つけない」という原則のもとサービスを提供するだけでなく、PimEyes技術の倫理的実用を実現するという社会的責任の一環として、メディアとインターネットのリテラシー、国際人権基準に沿った倫理と価値観原則の促進にも努めています。

これと並行して、PimEyesは以下のことを保証する多段階セキュリティプロトコルを作成・実装しています:

a) PimEyesを悪用するリスクは、可能な限り最小限に抑えています。

b) ユーザーから得た情報などPimEyesデータベース内のデータは、データセキュリティの最高基準に従って保護されます。

c) PimEyesのサポートチーム及びPROtectエージェントのメンバーは研修を受けており、ユーザー情報を開示しないなどの特別な条件の下で働いています。

上記の目的を達成するために、PimEyesは監視・評価システムを構築しました。特に子供や少女、女性はネットストーカーに遭いやすいので、女性達の不正検索を排除するための保護・アラート画像の監視を毎週実施しています。このほかにも不審行動の指標を作成し、ユーザー行動を注意深く監視しています。ただ、PimEyesがユーザーから得た情報を確認することはありません。疑わしい行動をとるアカウントは、一時または永久的に追放されます。

PimEyesを利用して犯罪行為が行われた場合、PimEyesはアカウント所有者の身元を法執行機関に開示する権利を有しています。

ストーカーにPimEyesを悪用されないようにすべく、検索範囲に自主規制を設けています。現在、PimEyesはSNSやプライベートな情報が載っているサイトを検索することはありません。ユーザーに提供される情報は、誰もが入手できる公開プラットフォームから得た情報です。

PimEyesの技術およびデータセキュリティチームは、コンピュータサイエンスの学位を取得している優秀な専門家で構成されています。スタッフは定期的に新しいセキュリティシステムの研修を受けており、弊社は最先端のデータおよびサイバーセキュリティソリューションを調達しています。最新テクノロジーと専門家チームの定期研修により、PimEyesのデータ基盤のセキュリティは最高のセキュリティ基準に従って維持されています。

サポートチーム及びPROtectチームの社員も研修を受けています。スタッフはユーザー情報の機密性と安全性を保証するNDAのもと日々の業務に努めています。

誰でも自分のデータを管理できる

PimEyesが公開されたウェブサイト検索エンジンである以上、有料プランの加入や無料アカウントの有無にかかわらず、全てのユーザーがオンライン上に自身の写真が掲載されているかを調べることができる無料検索オプションを導入しています。

弊社は、ユーザーの中には弊社のサービスに興味がない、または弊社の検索エンジンに表示されたくない方がいらっしゃる可能性を認識しています。そのため、全てのユーザーにオプトアウトフォームを提供し、写真に関連するインデックスを弊社のデータベースから全て削除し、今後表示されないようにしています。また、各検索結果の下にあるオプションをクリックすることで、その写真に関連するインデックスの削除やブロックも可能です。

いずれも無料で、有料プランに加入するは必要ありません。

毎日、データセキュリティチームがリクエストを確認しており、営業日の24時間以内に処理されます。

ブランドについて

PimEyesは、誰でもご利用いただけるように作られた顔認識検索エンジンです。顔認証の仕組みと検索エンジンを融合させた技術を2017年に設計しました。現在、最先端のセルフモニタリング、自己防衛、自己画像管理ツールとして開発中です。

どうしてPIMEYESは有料なの?

PimEyesが最も大切にしていることは、お客様のデータを他者に販売することなく(広告のためなど)、高品質のサービスを提供することです。PimEyesのウェブサイトに外部広告が表示されないのも、ユーザーのプライバシーを重視しているからです。そのため、ユーザーの写真を掲載しているウェブサイトに関する情報や、そのウェブサイトや掲載画像にアクセスする機会を有料でご提供しています。

どうして自身の顔だけが検索対象なのですか?

検索を行う前に、利用規約に同意し、弊社のプライバシーポリシー に従ってお客様の顔写真を弊社が使用することに同意していただく必要があります。PimEyesは個人写真の監視を目的として開発されているということを承知の上でユーザーの皆様には弊社のサービスをご使用していただきたいと思っております。

私たちは第三者の権利(人格権、著作権)および国際法上の一般原則に触れない方法で、弊社のサービスを利用していただきたいと考えているため、検索結果には個人情報ではなく、サイトアドレスが表示されます(ユーザーが誰であるかを知っているからです)。弊社がSNS上で検索を行わない理由の1つでもあります。

検索対象が自分の顔だけであることは、利用規約プライバシーポリシー、同意書に明示されており、利用者は検索結果を得る前にこれらを全て認識し、承諾する必要があります。この重要事項をご留意ください。

弊社は、利用規約を完全に遵守することが困難であることを認識しつつ、上記のような自己制限措置を設けています。そのため、ユーザーが自分以外の写真を用いて検索を行った場合でも、入手できる情報は一般公開サイトに限定されます。

事業内容

公開情報のみを検索する

公開情報のみを検索する

弊社は公開ウェブやデータクロールを許可しているサイトのみを検索します。つまり、ソーシャルメディアや個人アカウントを検索したり、登録ユーザーのみが利用できる情報を探したりすることはありません。

監視するのではなく、探す

監視するのではなく、探す

弊社が提供しているのは、ユーザーが自分自身の公開情報を検索することができる自己調査ツールです。PimEyesは他人の監視を目的としたものではありません。

詐欺師と闘う

詐欺師と闘う

弊社はキャットフィッシング、非同意ポルノ、身分証盗難などの犯罪を見つけ出すサポートを行っています。また、加害者に対して措置をとる方法も提供しています。

リンクを制御するのではなく、リンクを提供する

リンクを制御するのではなく、リンクを提供する

弊社は外部サイトへのリンクを提供していますが、そこで掲載されるコンテンツについて責任を負うものではありません。検索結果のリンクをご提供していますが、弊社はこれらの外部サイトまたはその慣行を推奨するものではありません。